ママさんバレーのコートや用具

ママさんバレーのコートや用具について

ママさんバレーのコートの広さについて

ママさんバレーのコートや用具

ママさんバレーのコートの広さは上図に示すように

  • 縦9m
  • 横9m

になります。
相手チームのコートまで考えると

  • 縦18m
  • 横9m

になります。
下表に9人制の一般男子とママさんバレーのコートの広さをまとめています。
コートの大きさは6人制バレーと同じになります。
9人制の一般男子バレーは通常のバレーボールのコートサイズより大きいサイズになります。
ということなので、学校などの体育館の床にあるラインは
6人制バレーコートの広さになっていますので
通常はそのままのラインで使用する事が出来ます。

種別

男子

一般

21m

10.5m

女子

一般・家庭婦人

18m

9m

もしラインが無い場合は体育館用のラインテープを貼りましょう
その際には上のコートの広さを参考にしてください!

ラインテープは体育館の管理所に確認すると
テープは、自分達のチームで購入してくださいと言われます。(ほとんどがそうです)
まれに貼ってくれる体育館もあります。

しかし、厳しい体育館では
練習が終わるたびに剥がしてくださいというところもありますので
いろんな厳しい場面でも、その体育館のルールに従いましょう

ビニールテープ【molten】モルテン 体育館用品/ラインテープ(TV0015)*20価格:3,024円
(2018/12/1 10:28時点)
感想(0件)

ママさんバレーのネットの高さとネットの立て方

それではもっと詳細なバレーコートの解説に入っていきます。

テレビなどのでバレーボールの試合の中継をやっている事があります。

普段は何気なく見ている試合ですが
実はそのコートにはきちんと決められたサイズや立て方が細かく決められています。

普段の練習の時には、そこまで正確に計りながらコートを立てることはなかなかありませんが
公式戦などでは、しっかりと計測器で計って高さを調整したりと
厳しい場合もありますので、ネットやアンテナの位置などの寸法は試合の前の日などに確認しておくようにしてください。
1度覚えたらそれほど難しいものではありません。

各部の名称と寸法

ママさんバレーをやっていると入りたての頃は
率先してネットをたてなければいけません。

 

先輩方もそうやっていろんな事を覚えてきたのです。
ネットの立て方を知っておくだけでも
色々とプレーに活用できます。

 

しかし、ネットをたてる際にはポールがとても重たいので

注意してください。

ポールについては持てなければ二人で持つなどした方が安全です。
決して無理して一人で持たないでください。

 

ママさんバレーのコートや用具

ネットをたてる場合

色々な部分の寸法がちゃんと決まっています。
適当に立てればいいというワケではありません。

 

各部の名称と詳細な寸法を左図に記載していますので
参考にしてください。

 

6人制バレーと
大きく違う部分はアンテナの位置とネットの高さです。

 

6人制バレーでは
アンテナは
サイドラインの上に
設置しますが
ママさんバレーでは
サイドバンドの外側から20cm外側に設置します。

 

そしてアンテナは
ネット向かってレフト側
から設置します。

 

ネットの高さは6人制と違うというよりも
一般男子や中高生などと違って
ママさんバレーでは
2m5cmと決まっています。

 

結構細かいところまで
色々な決まりがあります
きちんと覚えて
正しくネットをたててください。

 

 

一番覚えておく部分はアンテナ設置位置です。
サイドバンドの外側の端から20cmの位置に設置します。
そのためには
ポールとサイドバンドの間に25cm以上ネットに余裕が必要となります。

 

それ以外の部分

  • ポールとサイドラインの間の距離
  • サイドラインの幅
  • 白帯の幅
  • アンテナの高さ
  • ネット自体の幅

などについては既製品で購入していますし
ポールをたてる位置は体育館などに設置する穴をあけてありますので
そこにポールを差し込むだけです。

 

まれにサイドラインのテープを張ることがありますので
その時にはポールとサイドラインの位置に気をつける必要があります。

 

【各部の詳細】

サイドバンド

幅5cm、長さ2mの白地のテープ状のものを使用する。
両方のサイドライン上に取り付ける。

アンテナ

長さが1.8m、直径が1cmのグラスファイバーやそれに似た弾性のあるもので作られた棒状のもので、赤と白それぞれ10cmの長さで交互に色が塗られているもの。
いちばん上が赤で一番下が白になる。
ネットの上に80cm出るようにして設置する。
サイドバンドの外側から20cmのところにアンテナの内側が来るようにして設置。

ママさんバレー用具について

ママさんバレーの用具といいますと
ボール!
基本的にバレーボールはボールがあれば楽しめるスポーツです。

 

それ以外をあえて言うなら
膝や肘につけるサポーターなどです
これは用具というよりもサポーターなので
サポーターの項目で詳しく紹介したいと思います。

 

ママさんバレーで使用するボールは4号球と言われているもので
中学生が使用するものと同じです。
4号球でも軽量のものがあり
これは小学生が使用している物になります。

 

ママさんバレーが使用するボールは4号球となります!

 

4号球の大きさは
62cm〜64cm
直径が20cm
重さが240〜260gとなります。
さらにボールに入れる空気の圧は0.30〜0.325kg/p2 までとなっています。

種別

号球

円周

重量

家庭婦人

4

63±1cm

250±10g

一般男女

5

66±1cm

270±10g

しかし試合の場合などは
あらかじめ試合球としてボールが用意されていることがありますので
その場合は用意されているボールを使用してください。

 

チームで用意する場合は上記を参考にして
試合球を準備してください。

関連ページ

ママさんバレーに取り組む
ここでは、ママさんバレーに対する取り組み方についてまとめてみました。これからママさんバレーを始めよう!始めたばかりという方におススメです。
ママさんバレーポジションについて
ママさんバレーをやっているけどポジションが分からないという方にポジションの基本を解説します。

ママさんバレー関連